カードローン複数

カードローン複数社への申込みは何社まで?

「カードローンは、同時に複数社に申込むと良くない!」ということを聞いたことがあるかもしれません。

 

これは、「カードローンに申込んだこと」が記録として残され、それが次の審査で確認できることが背景にあります。

 

絶対に複数社に申込んではいけない、というものではありませんが、一定の注意を払う必要はあると思います。

 

 

まず、カードローンに申込んだ事実は、約6ヶ月間は記録として残されます。

 

そのため、カードローン審査に落ちて、次の申込みをするときに「半年間は空けた方が良い」と言われることがあります。

 

たしかに、半年たてば、次のローンの申込みで、過去に申込んだことは分かりませんが、過去に申込んだことがあったからといって、必ずしもそれが不利に働くというものでもありません。

 

 

次に同時に複数社への申込みについてですが、2社〜3社くらいまでなら、それほど問題ならないと思います。

 

融資が必要なときに、希望する金額が借りられなければ、次の金融機関に相談するというのは、カードローンに限らず、住宅ローンや自動車ローンでも同じことです。

 

ただし、短期間の間に5社も10社も申し込んでしまうと、

 

 「破産する前に、カードローンでお金を借りて逃げるつもりでは?」

 

と疑われてしまうことがあるのは事実のようです。

 

 

ですので、複数社への申込みは何社までか?とあまり気にせず、必要であれば次に申込む、というように考えるのがいいのではないでしょうか。